2019/09/20 10:00

神谷明&伊倉一恵、仏実写版「シティーハンター」から痛いほど伝わってきた原作愛

日本版本ポスター (C) AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
日本版本ポスター (C) AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

 [映画.com ニュース] 「シティーハンター」をフランスで実写映画化した「ニッキー・ラルソン」こと「Nicky Larson et le Parfum de Cupidon」(原題)が、「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」の邦題で11月29日に日本公開される。フランスで168万人を動員した話題作で、その出来ばえは原作者の北条司氏が「このストーリーは原作にも入れたかった」と太鼓判を押すほど。日本語吹き替えは、冴羽リョウ役を山寺宏一、槇村香役を沢城みゆきが担当し、アニメ版オリジナルキャストの神谷明と伊倉一恵はスペシャルゲストとして参加。吹き替えの収録を終えた直後の神谷と伊倉にフランス実写版の率直な感想を聞き、あわせて今年2月に公開され、20年ぶりに役と向き合った「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」で感じたことも語ってもらった。

――フランスの実写版をご覧になって、どう思われましたか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >