楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/20 12:00

ルッソ兄弟、「スパイダーマン」のMCU離脱はソニーの「悲劇的な間違い」

アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟 Photo by WireImage/Getty Images
アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟 Photo by WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「アベンジャーズ エンドゲーム」でメガホンをとったアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が、「スパイダーマン」のMCU離脱は米ソニー・ピクチャーズにとって大きな過ちであるとの見解を示した。

 「スパイダーマン」の映像化権を握るソニーと、マーベル・スタジオを傘下に持つウォルト・ディズニーは契約更改交渉で対立。その結果、今後の「スパイダーマン」シリーズにマーベルのケビン・ファイギ社長は関与せず、さらにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマンが登場できなくなった。

 アメコミ映画がブームになる前に「スパイダーマン」の映像化権を獲得したソニーは、トビー・マグワイア版「スパイダーマン」3部作を製作。その後、主演をアンドリュー・ガーフィールドに変更して2本製作したものの、「アメイジング・スパイダーマン2」が興行・批評ともに失敗。そのため、トム・ホランドが主演を務める「スパイダーマン ホームカミング」と「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」は、マーベルのファイギ社長がプロデューサーとして参加したという経緯がある。同時に、スパイダーマンのMCU作品への参加が可能となり、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」の3作品に登場。だが今回の交渉決裂により、今後のMCU作品からスパイダーマンは離脱。また、「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」以降の「スパイダーマン」は、ソニーが単独で製作することになった。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >