2019/09/20 18:00

東京国際ファンタスティック映画祭、14年ぶりに1夜限定で復活!

小林勇貴監督が脚本も兼ねている
小林勇貴監督が脚本も兼ねている

 [映画.com ニュース] 全世界のジャンル映画をいち早く日本のファンに紹介してきた東京国際ファンタスティック映画祭が、「シン・ファンタ」の名で2005年以来14年ぶりに、1夜限りの復活を果たすことが明らかになった。

 東京国際ファンタスティック映画祭は1985~2005年、東京国際映画祭の協賛企画として、同時期に開催されていた。02年までは渋谷パンテオン、03年からは新宿ミラノ座を会場とし、黎明期のホラー映画のブームをけん引したほか、香港、韓国、インド映画などを精力的に特集してきた。

 東京ファンタの愛称で親しまれてきた同映画祭が、第32回東京国際映画祭(10月28日~11月5日)の会期中である11月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズでオールナイトイベントを敢行する。上映するのは、ハリウッドリメイクが決まっているマ・ドンソク主演作「悪人伝」(ジャパンプレミア)、小林勇貴監督作「爆裂魔神少女 バーストマシンガール」(ジャパンプレミア)、そして謎のベールに包まれた未確認作品という、全3作品を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >