2019/09/21 17:00

三浦春馬、斉藤和義の主題歌生披露に感激「ぜいたくな時間でした」

舞台挨拶に立った三浦春馬、多部未華子ら
舞台挨拶に立った三浦春馬、多部未華子ら

 [映画.com ニュース] 人気作家・伊坂幸太郎氏の恋愛小説集を映画化した「アイネクライネナハトムジーク」の公開記念舞台挨拶が9月21日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、三浦春馬、多部未華子ら出演者、音楽・主題歌を手掛けた斉藤和義、今泉力哉監督が登壇した。

 交際10年のカップルを軸に、さまざまな恋愛模様が交錯していく物語。三浦は、「奇跡は誰かが誰かを思いやる気持ちから始まり、それが行動につながり連鎖して生まれるものだと思う。何気ない日常生活の中に奇跡はあふれているということを感じられる、多幸感を届けてくれる映画。皆さんの心に残ることを祈っています」と真摯に訴えた。

 最近の素敵な出会いについて聞かれると、「この作品を通して、クライマックスの撮影で監督から初心に帰れるアドバイスをいただいた」と告白。続けて、「それは『相手の表情をしっかりつくってあげて』という言葉。それが最近の仕事においても軸として支えになっているし、これからも大事にしていきたい」としみじみ語った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >