2019/09/25 13:00

NetflixのCEO、ストリーミングサービス乱立によるコンテンツ獲得コストの暴騰を懸念

11月からは新興サービスを迎え撃つ 写真:AP/アフロ
11月からは新興サービスを迎え撃つ 写真:AP/アフロ

 [映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーがDisney+、アップルがApple TV+というストリーミングサービスの開始を控えるなか、業界最大手であるNetflixのリード・ヘイスティング最高経営責任者(CEO)が「とても厳しい競争になるだろう」との認識を明らかにした。米バラエティが報じている。

 Netflixは、全世界1億5000万人以上の会員数を誇るストリーミングサービスの最大手。だが、英ケンブリッジで行われたロイヤル・テレビジョン・ソサエティの年次大会に出席したヘイスティングCEOは、「過去10年、多くのライバルと争ってきたが、11月からはまったく新しい世界が始まる」と明言した。

 Apple TV+が11月1日、Disney+が11月12日にサービスを開始するほか、NBCユニバーサルの新ストリーミングサービス「ピーコック」が2020年4月、ワーナーメディアのストリーミングサービス「HBO Max」が20年春に開始を予定しており、Netflixは新たなライバルたちと戦うことになる。だが、これまで通りイッキ見向けのコンテンツを重視し、新興サービスを迎え撃つつもりだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >