2019/09/25 18:00

吉岡里帆&森淳一監督が「見えない目撃者」に込めた熱意「表現を容赦する意味はない」

吉岡里帆、森淳一監督
吉岡里帆、森淳一監督

 [映画.com ニュース]吉岡里帆が主演を務めるノンストップ・スリラー映画「見えない目撃者」が、9月20日から全国公開された。猟奇殺人鬼を“目撃”したのは、目の見えない元女性警察官だった――。本作を「平成最後の闘い抜いた作品」と語る吉岡、メガホンをとった森淳一監督に、撮影の日々を振り返ってもらった。

 交通事故で視力を失い、警察官の道も絶たれたなつめ(吉岡)は、ある日、車の接触事故に遭遇する。車中から助けを求める少女の声を聞いたなつめは、行動をともにする事件のもう一人目撃者の国崎春馬(高杉真宙)の助けを借り、犯人に迫っていく。

 本作に主演することが発表された際、吉岡は「この“なつめ”という役は今まで演じてきた人物の中でも群を抜いて難しい役でした。平成最後の闘い抜いた作品です」とコメントを寄せていた。その思いを改めて聞くと、難役に挑んだからこその充実感が伝わってきた。

 「なつめのようなキャラクターを演じるのは初めてだったので、まっさらな気持ちで挑みました。目が見えないという役柄、役者犬と全編通しての共演、スリラーというジャンルもですが、あらゆることが初めて。今振り返っても、戦い抜いたような気持ちです」(吉岡)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >