2019/09/26 20:30

ゴッホ役でベネチア男優賞に輝いたウィレム・デフォー、17年ぶりの来日!

ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督と花束贈呈ゲストのリリー・フランキー
ウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督と花束贈呈ゲストのリリー・フランキー

 [映画.com ニュース]孤高の天才画家フィンセント・ファン・ゴッホの半生を描く「永遠の門 ゴッホの見た未来」が9月26日、東京・新宿ピカデリーでプレミア上映され、主演を務めるウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督(「潜水服は蝶の夢を見る」「夜になるまえに」)が出席した。

 デフォーの来日は、2002年の「スパイダーマン」プロモーション以来、実に17年ぶり。「プライベートでは何度か来ているけどね。こうして、日本のファンの皆さんとお会いでき、映画を見てもらえるのはとてもうれしい」と喜びのコメント。シュナーベル監督は「ゴッホは自分が強い影響を受けた日本に来たがっていたんだ。だから、私が代わりに来日しました」と挨拶し、隣に立つデフォーに視線を送りながら「ある意味、ゴッホと一緒に来たと言えるかな。今日は麦わら帽子じゃないんだね?」と笑いを誘った。

 作品が世に理解されずとも、絵筆を握り続けたゴッホの不器用な生き方を通して、多くの名画を残した天才画家の“視線”の先を見つめた本作。第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門の男優賞を受賞し、第91回アカデミー賞では主演男優賞に初ノミネートされたデフォーは、絵を描くシーンも自身でこなし「ジュリアンは画家でもあるから、描き方はもちろん、ものの見方も教えてくれた。それこそが演じるうえでの核となり、本質になったんだ」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >