2019/09/27 17:00

「海山 たけのおと」でアメリカ人尺八奏者が奏でる“尺八革命”に感嘆!

アメリカ人尺八奏者のジョン・海山・ネプチューン
アメリカ人尺八奏者のジョン・海山・ネプチューン

 [映画.com ニュース]アメリカ人尺八奏者のジョン・海山・ネプチューンをフィーチャーしたドキュメンタリー「海山 たけのおと」で、本作を撮ったジョンの息子で映像作家のデビッド・ネプチューン監督が来日し、ネプチューン親子を迎えた会見とミニライブが、9月26日に公益社団法人日本外国特派員協会で開催された。

 カリフォルニア生まれのジョン・ネプチューンは、ハワイ大学で民族音楽を学んでいた際に出会った尺八に魅了され、22歳で単身来日。尺八を学び、尺八都山流師範の免許を取得し、雅号「海山(かいざん)」を授かる。現在は千葉に建てたドームハウスに住み、奏者、作曲家、製管師として活躍中だ。

 デビッド監督は足かけ5年を費やして本作を手掛けた。「収録した映像は、500~600時間分となり、映画が3本くらい作れそうな分量となった。さらに、僕の幼少期から、父が撮ってきたVHSビデオが56本もあった。ただ、保存状態が悪く、カビが生えていたので、それをクリーニング後にデジタル化し、本編に織り交ぜることにしたんだ。でもそのことで、映画の方向性がシフトし、父が外国人の尺八奏者してやってきたことの難しさや、お金を稼ぐために“サーカスの熊”となる葛藤なども入れることができたから、非常に良かったと思う」と編集の苦労と手応えを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >