2019/09/27 18:00

アメリカのテレビに映画監督の意向を反映した画質設定を搭載へ

マーティン・スコセッシ監督らの意向を反映 Photo by Lars Niki/Getty Images for MoMA Department of Film
マーティン・スコセッシ監督らの意向を反映 Photo by Lars Niki/Getty Images for MoMA Department of Film

 [映画.com ニュース]マーティン・スコセッシ監督やクリストファー・ノーラン監督などハリウッドの有名監督の意向を反映した画質設定が、アメリカで販売されるテレビに搭載されることが明らかになったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 昨今、アメリカの映画関係者が相次いでテレビ設定に関して不満を表明していることで知られる。昨年、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」のホームビデオ発売時、主演・プロデュースを手がけたトム・クルーズは、自身のTwitterに動画を投稿。家庭で映画視聴をする際にテレビ設定を変更するように訴えた。また、米ストリーミング大手のNetflixも、オリジナル映画「ROMA ローマ」(アルフォンソ・キュアロン監督)の配信に伴い、テレビの設定を変更する具体的な方法を提示している。

 アメリカで発売されている液晶テレビは、自動的にフレームの補間を行う「モーション・スムージング」という機能がついている。これはスポーツやテレビゲームなど素早い動作を映し出す際には有効な機能だが、毎秒24フレームで撮影された映画の場合、補完機能によって安っぽく見えてしまうデメリットがある。問題は、この機能がオンになったまま出荷されているため、映画の作り手が意図した映像が一般家庭で楽しまれていないという現状がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >