2019/09/29 13:00

「ミスティック・リバー」原作者、「荒野の用心棒」のコルト銃題材映画の脚本を担当

イーストウッド扮する主人公のガンマンが使用していたコルト社の拳銃がモチーフ 写真:AFLO
イーストウッド扮する主人公のガンマンが使用していたコルト社の拳銃がモチーフ 写真:AFLO

 [映画.com ニュース]映画「ミスティック・リバー」「シャッター アイランド」の原作者として知られる米作家デニス・ルヘイン氏が、アメリカとメキシコの国境地帯を舞台にルール無き麻薬戦争の闇を描いた「ボーダーライン」の続編「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」でハリウッド進出を果たしたイタリアの俊英、ステファノ・ソッリマ監督の新作「Colt(原題)」の脚本家に起用されたことが明らかになった。米バラエティが独占で報じている。

 もともとは、1989年に他界したマカロニ・ウエスタンの始祖セルジオ・レオーネ監督が、生前にテレビシリーズとして温めていた企画で、同監督の代表作「荒野の用心棒」(64)の劇中、クリント・イーストウッド扮する主人公のガンマンが使用していたコルト社の拳銃をモチーフに、一丁の拳銃が人から人の手に渡っていく過程を通して、持ち主と銃弾それぞれをめぐるドラマを描いた内容になるはずだった同作。2016年には、故レオーネ監督の製作会社レオーネ・フィルム・グループがテレビシリーズの制作を発表。ソッリマ監督がショーランナーと脚本、監督を務めることまで決まっていたが、その後進捗がなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >