2019/10/01 12:00

【SW先行インタビュー第1弾】J・J・エイブラムス、SW新作は「ショッキングで泣く人も…」

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 世界的人気SFシリーズの最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のロングリード(先行)取材が、米ロサンゼルスで行われた。監督・脚本・製作の3役を務め、本編を絶賛編集中だというJ・J・エイブラムスが、スカイウォーカー家の物語に終止符を打つ今作に込めた思いを語った。(取材・文/編集部)

■多忙を極めるなか新作の監督に就任 「魅力的すぎてノーと言えなかった」

――このサーガがどう終わるのか、監督就任前からわかっていたのでしょうか?

 最初から大まかな構想はあったんだ。「フォースの覚醒」で脚本家のローレンス・カスダンと仕事をしている時に、どこに向けて話を持っていくかはなんとなく決めていたからね。「フォースの覚醒」の公開日が迫っていてそちらに集中していたときに、(「最後のジェダイ」の監督である)ライアン(・ジョンソン)とミーティングをしたんだ。彼は「フォースの覚醒」を踏まえて、自分の脚本を書いた。だけど、どんな監督も自分がもっとも心ひかれるものを強調したストーリーを書くものだ。ライアンは、僕らが絶対になしだと思っていたことはやらなかったよ。「スカイウォーカーの夜明け」の監督をオファーされたとき、この3部作を自分で完結させるというのがあまりに魅力的すぎて、ノーとは言えなかったね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >