2019/10/01 15:00

村上春樹が描く女性像「日本的ではなく、世界のどこにでもいる女性」デンマーク人翻訳家が来日

翻訳家のメッテ・ホルム氏と女優の室井滋
翻訳家のメッテ・ホルム氏と女優の室井滋

 [映画.com ニュース]村上春樹作品の翻訳を手がけるデンマーク人翻訳家を追ったドキュメンタリー「ドリーミング村上春樹」の公開を記念し、村上氏が1979年に発表したデビュー作を大森一樹監督が映画化した「風の歌を聴け」(81)上映イベントが新宿武蔵野館で9月30日にあり、デンマーク人翻訳家のメッテ・ホルム氏と女優の室井滋がトークを行った。

 映画「風の歌を聴け」を初めて鑑賞したホルム氏は、「その時代の雰囲気をよく伝えている。フランス映画のよう。当時の若者の寂しさを伝えている」と感想を語り、「翻訳は作家が書いた言葉をそのまま、できるだけ同じように話させたい。映画にはできないこと。でも映画は(原作を用いて)新しい世界をつくること」と翻訳との仕事の違いを説明した。

 学生時代から自主映画で活躍し、「風の歌を聴け」が商業映画デビュー作となった室井。小林薫が演じる主人公“僕”の“三番目の女の子”という役柄。後に自死する仏文科の女子学生という難役だ。人物像を描写する鍵として、“三番目の女の子”が12歳の頃の写真が登場するが、当時室井は21歳。自身が12歳になりきった役作りについて明かし、「『ノルウェイの森』まで熱狂的なファンで、いつも村上さんの(小説の中の)女の子が頭の片隅にあった。でも、そんな風に生きてはいけない、あの世界にいたかったけどいちゃいけないと思った。この映画を見直して、また当時に戻ってしまいそうだった」と、村上作品に登場する女性たちに思いを馳せた時代があったそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >