2019/10/02 15:00

「ぼくのエリ」原作者による新作「ボーダー」 孤独な2人の運命的な出会いを捉えた本編映像

社会から疎外された2人の運命的な出会い (C)Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018
社会から疎外された2人の運命的な出会い (C)Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018

 [映画.com ニュース]「ぼくのエリ 200歳の少女」の原作者ヨン・アイビデ・リンドクビストが自身の原作をもとに共同脚本を手がけ、第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを受賞した北欧ミステリー「ボーダー 二つの世界」の本編映像の一部が公開された。

 主人公は、醜い容姿のせいで孤独と疎外感を抱える税関職員ティーナ。映像は、入国税関ゲートで勤務中のティーナの前に奇妙な旅行者ヴォーレが現れ、ふたりが初めて出会う場面を捉えたもの。これまで嗅覚だけで人々が隠し持つ様々な違法なものを見つけてきたティーナは、近づいてくるヴォーレから本能的に“何か”を感じ、いつも通りカバンを開けて中身を調べるが、証拠は見つからない。ティーナは“何か”の正体を突き止められないまま、審査をパスさせる。ヴォーレを前にしてティーナのまぶたや鼻や口は小刻みに動き、ヴォーレのまっすぐな視線に耐えられなくなる様子など、ティーナの“心の揺れ”を映した重要なシーンだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >