2019/10/05 09:00

「ロボット2.0」敵の“最恐”ビジュアル独占入手 シュワルツェネッガー出演交渉の裏話も

人間だった頃の穏やかな表情
人間だった頃の穏やかな表情

 [映画.com ニュース] インドのスーパースター・ラジニカーントが、人間との恋に破れ暴走するロボット「チッティ」を演じた「ロボット」の続編「ロボット2.0」の場面写真を、映画.comが独占入手した。インド中のスマートフォンを操りチッティの前に立ちはだかる、インパクト絶大の敵に扮したアクシャイ・クマールの“最恐”ビジュアルが切り取られている。

 インドで2018年の興行収入第1位を獲得し、同国映画史上最高の製作費90億円が投じられた本作。インドから全てのスマホが消え、携帯電話業者や通信大臣が“スマホに殺される”という殺人事件が次々と発生した。バシー博士(ラジニカーント)は、助手のニラーとスマホの行方を追ううちに、無数のスマホが合体し巨大な怪鳥に変身していることを突き止める。人類を襲い、軍隊でも抑えきることのできないモンスターと化した怪鳥――バシー博士は、かつて封印された伝説のロボット・チッティ(ラジニカーント/1人2役)を復活させ、世界の危機を救おうとする。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >