2019/10/05 13:14

「ぼくのエリ」「ボーダー」北欧ミステリーの共通点と見どころを識者が解説

映画ジャーナリストの立田敦子氏(左)と、津田塾大学教授の大島美穂氏
映画ジャーナリストの立田敦子氏(左)と、津田塾大学教授の大島美穂氏

 [映画.com ニュース]第71回カンヌ国際映画祭 ある視点部門グランプリを受賞した「ボーダー 二つの世界」の公開を記念し、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)の限定上映イベントヒューマントラストシネマ渋谷であり、映画ジャーナリストの立田敦子氏と、津田塾大学教授の大島美穂氏が、両作の共通点や見どころを語った。

 「ぼくのエリ 200歳の少女」は、「ボーダー 二つの世界」の原作者であり、アリ・アッバシ監督とともに共同で脚本を手掛けたヨン・アイビデ・リンドクビストのベストセラー小説「モールス」を2008年に映画化したもの。永遠に年をとらないバンパイアの少女と、孤独な少年の交流を題材にした。「ボーダー 二つの世界」は、人並外れた嗅覚と美しい心を持ちながらも、醜い容姿のせいで孤独と疎外を強いられる女性ティーナと、勤務先の税関で出会った奇妙な旅行者ヴォーレの秘密を描く。

 立田氏は「最近ジャンル映画がブームで、市民権を得ていますが、10年前、『ぼくのエリ』はB級映画のような位置だった。しかし、ミステリー、ホラーのジャンルの垣根を越えたボーダレスな作品としていろんな観客に受け入れられた」と公開当時の反響を紹介し、「注目を集めた北欧ホラーを見事に映像化し、幼い純粋な恋を中心に捉えている」ことが、ヒットの理由であると分析した。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >