2019/10/07 11:00

「ブラックパンサー」のライアン・クーグラー監督、アメコミ原作ドラマに着手

ライアン・クーグラー監督 Photo by Barry King/Getty Images
ライアン・クーグラー監督 Photo by Barry King/Getty Images

 [映画.com ニュース] マーベルコミック原作の「ブラックパンサー」でメガホンをとったライアン・クーグラー監督が、アメコミ「ビター・ルート(原題)」のテレビドラマ化を手がけることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

 イメージ・コミック出版の「ビター・ルート(原題)」は、2018年に連載がスタートしたばかりの比較的新しいコミック。米漫画界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞で、19年に最優秀ニューシリーズ賞(Best New Series)を受賞した話題作だ。先祖代々、モンスターハンターとして活躍してきた家族の末裔が、1924年のニューヨークを舞台に侵略者と立ち向かう姿を描いている。

 3月に同作の映像化権を獲得したレジェンダリー・ピクチャーズは、このほどクーグラー監督と契約。クーグラー監督は妻でプロデューサーのジンジ・エバンス、セブ・オハニアン(「フルートベール駅で」「search サーチ」)と共同でテレビドラマ化の企画開発を行うことになる。

 クーグラー監督は現在、22年に公開を予定している「ブラックパンサー2(仮題)」の脚本執筆に関わる一方で、レブロン・ジェームズ主演の「スペース・ジャム2(仮題)」のプロデューサーを務めている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >