2019/10/07 12:00

「ドクター・スリープ」スティーブン・キングはどう見た? 監督が明かす

 [映画.com ニュース] 9月21日は、スティーブン・キングの誕生日だった。今年で72歳を迎えた彼の人気は、最近、ますます高まっている。9月6日に、アメリカでは「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の第2部「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」が公開され、またもや大ヒットしたし(日本公開は11月1日)、この後にはさらに「ドクター・スリープ」が控えるのだ。(取材・文/猿渡由紀)

 キングが書いた同名の小説を映像化する今作は、「シャイニング」に出てきた子ども、ダニーのその後を描くもの。今作の初めで、ダニーは父ジャックがそうだったように、アルコール依存症に陥っている。

 「スティーブンが『シャイニング』を書いたのは、彼自身が依存症に陥っていた時。そこから回復した後、彼は『ドクター・スリープ』を書いたんだ。ダニーは、父にはできなかった形で依存症を振り返り、自己検証をする。これは、自らも同じことを乗り越えた作家が書いた、成熟したキャラクターなのさ」と、マイク・フラナガン監督が語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >