2019/10/08 12:30

極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣――ザック・エフロン主演「テッド・バンディ」12月公開

テッド・バンディ
テッド・バンディ

 [映画.com ニュース] ザック・エフロンが、アメリカ史上最も凶悪な殺人犯を演じた「Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile(原題)」が、「テッド・バンディ」の邦題で12月20日から劇場公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルと場面写真、予告編もお披露目された。

 日本以外ではNetflixでの配信となる本作は、1970年代のアメリカで30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディを描いた作品。シリアルキラーの語源となった殺人鬼バンディは、IQ160の頭脳と美しい容姿で、司法やメディアを翻ろうし、女性たちをひきつける魅惑的なカリスマ性を持ち合わせていた。3度の死刑判決を受けるが、無罪を主張。法律を学んでいたことから、自ら弁護人となり、法廷で徹底抗弁を繰り広げた。

 映画では、世界を震撼させた凶行の裏側へと迫り、バンディの長年の恋人の視点を通して、善人としての姿も描き出す。「グレイテスト・ショーマン」での好演も記憶に新しいエフロンがバンディに扮し、彼を愛してしまったシングルマザーのリズ役にリリー・コリンズ、判事役としてジョン・マルコビッチが出演。Netflixオリジナル作品「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」を手掛け、ドキュメンタリーの分野で高い評価を受けるジョー・バリンジャー監督がメガホンをとっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >