2019/10/08 19:04

綾野剛、吉田修一原作「逃亡小説集」映画化熱望! 吉田氏&瀬々敬久監督に直談判

新宿にサプライズ登場した綾野剛&佐藤浩市
新宿にサプライズ登場した綾野剛&佐藤浩市

 [映画.com ニュース] 吉田修一氏の著作「犯罪小説集」をもとに映画化した「楽園」のイベントが、10月8日に東京・紀伊国屋書店新宿本店で行われ、共演した綾野剛と佐藤浩市がサプライズ登場したほか、原作者の吉田氏、メガホンをとった瀬々敬久監督が出席した。

 ある夏の日、青田に囲まれたY字路で少女失踪事件が起こった。未解決のまま12年の月日が経ち、事件直前まで被害者と一緒にいた親友・湯川紡(杉咲花)は事件を引きずっていた。そして再び少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす中村豪士(綾野)が容疑者として浮上する。一方、Y字路に続く集落では、養蜂家・田中善次郎(佐藤)が村おこし計画のこじれから、村八分状態にされてしまう。孤立した善次郎は次第に正気を失い、想像を絶する凄惨な事件へと駆り立てられていく。

 同店では映画公開を記念したパネル展が開催され、「犯罪小説集」の限定スペシャルカバーブックも発売される。まさに「楽園」が“書店ジャック”をしている状況に、綾野は「映画と書店が連動して、作品を盛り上げていくのは嬉しいです」と喜びを隠せない様子。MCからの「何でも揃っている新宿は“楽園”ということで、新宿本店がイベント会場になりましたが……」という言葉には、綾野は「新宿は楽園ですか? あ、そうですか……。『新宿スワン』の撮影中、危なそうな人に髪の毛を掴まれた覚えがあるので、なかなか激しい街のイメージです(笑)」と異議を唱える。綾野に水を向けられた佐藤も、「新宿は夜に歌舞伎町で撮影すると大変なんですよ。ここでは言えないエピソードもいっぱい」と意味深に言葉を濁していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >