2019/10/08 21:29

玉城ティナ、恨みを晴らす方法は“デスノート”への記入?「おすすめですよ!」

人に絶対に見せられないノートとは?
人に絶対に見せられないノートとは?

 [映画.com ニュース] 白石晃士監督がメガホンをとる実写映画「地獄少女」の完成披露試写会が10月8日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の玉城ティナをはじめ、共演の森七菜、仁村紗和、大場美奈、藤田富、白石監督が出席した。

 2005年よりオリジナルアニメとして放送されてから、コミカライズをはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、2.5次元舞台など、幅広く展開されてきた「地獄少女」。恨みを抱く者が深夜0時にアクセスできる「地獄通信」は、地獄少女こと閻魔あいと接触できる秘密のサイト。“報復代行=地獄送り”の依頼を受けたあいは、使い魔“三藁”を駆使して、ターゲットを恐怖のどん底に突き落としていく。

 閻魔あいを演じた玉城は「少ないセリフのなかでどうやって感情をのせるか。気を付けたのは、目線と声の使い方。ここまで目線に意味を持つ役はこれまでにもなかったので。人と会話をするうえでも目線を合わせず、どこか違う次元にいるような感じを出しました。アニメ版の印象を強く持っている観客の方もいらっしゃると思うので、アニメ版のセリフを何回もリピートしたりしました」と役作りのこだわりを明かす。その姿に熱視線を注いでいた森は「撮影現場でお話をされている姿を見ていなかったので、今日取材をご一緒させていただいて『あ、お話しされている…』と(笑)」と饒舌ぶりに驚いていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >