2019/10/09 07:00

「ヘレディタリー」監督&「A24」タッグ作、20年公開 「シン・ファンタ」オープニング作品に

明るい祝祭を舞台にしたフェスティバル・ スリラー「ミッドサマー」 (C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
明るい祝祭を舞台にしたフェスティバル・ スリラー「ミッドサマー」 (C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「ヘレディタリー 継承」のアリ・アスター監督と、気鋭のスタジオ「A24」が再びタッグを組んだスリラー「Midsommar」(原題)が、「ミッドサマー」の邦題で2020年2月に公開され、アスター監督の初来日が予定されていることがわかった。さらに、第32回東京国際映画祭の会期中に「シン・ファンタ」の名で一夜限りの復活を遂げ、オールナイトで開催される「東京国際ファンタスティック映画祭」のオープニング作品に決定した。

 「ヘレディタリー」で絶賛を浴び、新作「ミッドサマー」で「本物の天才」「恐怖映画の新たな神」と評されたアスター監督。「ムーンライト」「レディ・バード」など数々の話題作を手掛ける「A24」とともに、暗闇で描かれてきた恐怖映画の歴史を覆す、明るい祝祭を舞台にした前代未聞の“フェスティバル・スリラー”を紡ぐ。

 家族を不慮の事故で失った主人公ダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人とともに、スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まない村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……想像を絶する悪夢が始まろうとしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >