2019/10/09 18:00

「クロール 凶暴領域」ワニがリアルな理由は? プロデューサーが明かす舞台裏

 [映画.com ニュース] ワニの巣窟と化した家に閉じ込められた父娘の運命を描く「クロール 凶暴領域」が、10月11日から全国公開される。劇中のワニが登場するシーンについて、プロデューサーを務めるサム・ライミ、クレイグ・フローレスが舞台裏を明かした。

 本作は、水陸で人間に襲い掛かるワニと、巨大ハリケーンという最恐最悪の組合せによって生み出された極限状態でのサバイバルを描く。「ピラニア3D」「ルイの9番目の人生」のアレクサンドル・アジャが監督を務め、「メイズ・ランナー」シリーズや「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のカヤ・スコデラーリオ、「プライベート・ライアン」などで知られるバリー・ペッパーらが出演している。

 ワニの登場シーンはCGと模型を使って撮影されたが、ライミによると、よりリアルに見せるためにある工夫がされた。

 「演じる側が本当に怖がっている様子を見せることによって、ワニもよりリアルに見えてくるから、その部分は演出で重点をおいたんだ。よくあるような、棒の先にテニスボールを付けたものでここだよ、と目線をやるだけでは、感情移入や没入、想像することが難しくなってくるから、グリーンスクリーンの代わりに緑色の全身タイツを着たスタントマンに実際クネクネ這ってもらったり、部分的な模型を使ったんだ。ワニという生き物がどれぐらい巨大で、どれぐらい怖いのかという全体像をビジュアル的に強調するため、頭だけでなく全身を見せて怖さを引き立てる工夫をしたんだよ」(ライミ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >