2019/10/09 21:46

渡辺謙「ベル・カント」に感じた宿命、加瀬亮の役名「ゲン・ワタナベ」には「違うのないの?」

渡辺謙と加瀬亮
渡辺謙と加瀬亮

 [映画.com ニュース] 俳優の渡辺謙と加瀬亮が10月9日、米映画「ベル・カント とらわれのアリア」の東京・TOHOシネマズ日本橋で行われたジャパンプレミアで舞台挨拶に登壇した。

 1996年のペルー大使公邸占拠事件に着想を得た小説「ベル・カント」を原作にしたサスペンス。渡辺が最初にオファーを受けたのは米同時多発テロの直後だったそうで、「テロリストが題材にした映画はさすがにどうなんだろうと思いお断りしていた」という。

 しかし、「ダレン・ジャン」(09)で組んだポール・ワイツ監督が映画化に動き、熱烈なラブコールに翻意。加えて、「実は、ペルー大使公邸の事件が起こる1週間前までリマにいたんです。ドキュメンタリーの仕事だったけれど、まだペルーにいたら巻き込まれていたかもしれない。これは宿命で、やらないと先に進めないと思った」と決意した。

 公邸のパーティに招かれる実業家役で、その通訳を担った加瀬は英語に加えスペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語を話すという難役。オーディションで選ばれたが、「演技うんぬんより語学。とにかく部屋で勉強していた。朝、楽屋に行くと、謙さんの握ったおにぎりがあって、とても励ましてもらった」と苦笑交じりに振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >