2019/10/10 14:00

マーベル映画批判のスコセッシ、実は「ジョーカー」監督を希望していた?

マーティン・スコセッシ監督 Photo by Lars Niki/Getty Images for MoMA Department of Film
マーティン・スコセッシ監督 Photo by Lars Niki/Getty Images for MoMA Department of Film

 [映画.com ニュース] マーベル映画は「映画ではない」と発言して物議を醸している巨匠マーティン・スコセッシ監督が、実はライバルのDC映画「ジョーカー」でメガホンをとるつもりだった可能性があると、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス監督がメガホンをとった「ジョーカー」は、現在世界中で大ヒットを記録している。米ワーナー・ブラザースが2017年に「ジョーカー」の製作を発表した際、実はスコセッシ監督がプロデューサーに名を連ねていた。だが、完成作からは名前が消えているため、どのような役割を果たしたのか分かっていない。関係者によると、スコセッシ監督は自身の監督候補作として「ジョーカー」にプロデューサーとして関与していたという。

 16年、フィリップス監督が自身の映画化案をワーナー・ブラザースのケビン・ツジハラCEO(当時)らにプレゼンテーションを実施。7000万ドルという、アメコミ映画としては低予算でゴーサインを取りつけた。時期を同じくして、スコセッシ監督は念願の企画「アイリッシュマン」の準備に力を入れていったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >