2019/10/10 20:33

高杉真宙&佐野岳「仮面ライダー」以来の“制服共演”に大照れ! 人狼ゲームでの役づくり裏話も

 [映画.com ニュース] 江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズをもとにした映画「超・少年探偵団NEO Beginning」の完成披露上映会が10月10日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の高杉真宙をはじめ、共演の佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、メガホンをとった芦塚慎太郎監督、劇中のキャラクター・怪人二十面相が登壇した。

 1936年に雑誌「少年倶楽部」で連載が開始され、全26巻のシリーズが刊行された大ベストセラー「少年探偵団」シリーズが原作。少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫である小林芳狼(高杉)の前に、10年間行方を眩ましていた怪人二十面相が姿を現す。「約束の時は近い」という二十面相の言葉をきっかけに、次々と怪事件が発生。芳狼は親友・ワタリ(佐野)や明智小五郎のひ孫・小夜(堀田)とともに、事件解決のため奔走する。

 衣装である高校の制服姿で現れたキャスト陣。「仮面ライダー鎧武/ガイム」に続く“制服共演”となった高杉と佐野は照れ笑いを浮かべる。「制服はいかがですか?」というMCの質問に、佐野は「その質問、悪意あるでしょ!」と慌て、高杉は「岳くん、制服どうですか?」とニヤリ。佐野は自ら観客に「どうですかー?」と問いかけたが、ぱらぱらとあがった「似合ってる!」という言葉に、「ほら、この程度なんですよ。だから嫌だったんだよ、役衣装で出るの! 僕もうちょっと『大丈夫だよ』って声があがると思ってた(笑)」と肩を落としていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >