2019/10/12 18:00

ポーランド映画祭2019、11月10日開催 「イーダ」「COLD WAR」アンコール上映も

新作から過去の傑作まで多彩なポーランド映画を紹介
新作から過去の傑作まで多彩なポーランド映画を紹介

 [映画.com ニュース]ポーランドの最新映画を紹介し、映画史に残る傑作を特集する「ポーランド映画祭2019」が、11月10日~11月23日に東京都写真美術館ホールで開催されることが決定した。

 今年は「日本ポーランド国交樹立100周年」の年。最新ポーランド映画をはじめ、ポーランドのウッチ映画大学で学んだ石川慶監督の「愚行録」など日ポ両国の関連作、今年死去した名匠の追悼上映、アンジェイ・ワイダ特集、民主化30周年記念作品、近年の賞レースを沸かせたパベウ・パブリコフスキ監督の「イーダ」「COLD WAR あの歌、2つの心」、ジャズピアニストとしても有名なポーランド人作曲家クシシュトフ・コメダ関連作、音楽ユニットのシャザの生演奏付き上映など、全21プログラムの上映が予定されている。

 監修のイエジー・スコリモフスキ監督も来日し、スコリモフスキ監督が敬愛するコメダについての映画「コメダ・コメダ」、自身監督作「バリエラ」についてトークを行う予定だ。また役者として出演した「ユリウシュ」も上映される。プログラム詳細は公式HPで告知する。

 ポーランド映画祭2019(http://www.polandfilmfes.com/)は11月10日~23日、東京都写真美術館ホール(月曜休館)で開催。11月9日~22日に京都(出町座、同志社大学)へ巡回する。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >