2019/10/14 20:00

「ユートピアの喪失が不安を生む」学園ホラーをひっさげ気鋭フランス人監督が来日

(C) Avenue B Productions - 2L Productions
(C) Avenue B Productions - 2L Productions

 [映画.com ニュース] フランスの学園ミステリーホラー「スクールズ・アウト」が、特集上映「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」で上映される。メガホンをとったセバスチャン・マルニエ監督が、フランス映画祭2019での日本初披露に合わせて初来日し、社会問題を巧妙に絡めた本作を語った。

 名門中学校に赴任した教師のピエール(ロラン・ラフィット)は、前任教師が自殺した、成績優秀者のクラスを受け持つことになる。頭脳明晰ながら冷淡で反抗的な生徒6人が危険なことを企んでいると確信し、彼らの悪意に翻弄されながらも計画を阻止しようとする。

――2016年の「欲しがる女」で映画監督デビューするまでの経歴を教えてください。

 「小さい頃から映画をつくりたいという気持ちはありました。その前に寄り道とでも言いましょうか、美術や絵画の勉強をしました。世界共通だと思いますが、映画の1作目を監督するのは非常に難しいんです。映画の企画を練りながら、官能小説を書いたり、アングラ演劇の脚本を書いたり――これはフランスでは人気が出ました、フランスのテレビ局でアニメ制作に携わったりしました」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >