2019/10/16 12:00

日本&ミャンマー合作「日本の娘」デジタル復元版を“見逃してはいけない”理由とは

復元前(左)と復元後(右)の比較画像
復元前(左)と復元後(右)の比較画像

 [映画.com ニュース] “ミャンマー映画の父”と称されるニープの監督・主演作「日本の娘」をご存知だろうか。日本とミャンマー(当時はビルマ)初の合作映画となった同作のデジタル復元版が10月26日、東京・国立映画アーカイブでプレミア上映を迎える。「その情報は初耳だ」という映画ファンに進言したいのは「この機会を決して逃してはならない」ということ。「ミャンマー、日本、それぞれに多様な価値を持っている貴重な作品」と語る同館の主任研究員・冨田美香氏が、劇中の見どころ、復元作業の裏側を明かしてくれた。

 ビルマ人飛行士の兄弟(ニープ、ティンペー)が、東京とラングーン(現ヤンゴン)間のノンストップ飛行に挑むために来日。兄は日本人・恵美子(高尾光子)と恋におち、飛行計画と兄弟の仲に暗雲がたれこめるさまを描き出す。今回の上映は、ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念したイベントとして実施され、「日メコン交流年2019」と2020年に控えた「ミャンマー映画生誕100年」を祝している。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >