2019/10/17 16:00

常盤貴子&佐藤二朗、“世界の仲代達矢”との日々を述懐 時代劇「帰郷」カンヌで世界初上映

時代劇の存在感をアピール! (C)「帰郷」時代劇パートナーズ
時代劇の存在感をアピール! (C)「帰郷」時代劇パートナーズ

 [映画.com ニュース]仲代達矢の主演作「帰郷」が10月15日(現地時間)、フランス・カンヌで開催される世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「mipcom」でワールドプレミア上映された。上映前夜には、メガホンをとった杉田成道監督、キャストの常盤貴子、佐藤二朗がレッドカーペットに登場。“和”をイメージさせる華やかな着物姿で、世界に向けて時代劇の存在感をアピールした。

 藤沢周平氏による“股旅もの”の傑作短編を基に、国民的ドラマ「北の国から」などの杉田監督のメガホンで映像化。時代劇専門チャンネルがオリジナル時代劇第20弾として製作し、時代劇としては史上初となる8K映像で物語を紡ぐ。“自然と人々の共存”“人間の死生観”を浮かび上がらせ、国や文化を越えた普遍的なテーマを訴えかけている。

 世界110カ国から参加者が集結する「mipcom」は1985年にスタートし、毎年10月の4日間、カンヌ映画祭と同じ施設を利用して行われる。本年度は「帰郷」のほか、パトリック・デンプシーとアレッサンドロ・ボルギが出演する「Devils(原題)」、ヤーコプ・オフテブロが参加した「Agent Hamilton(原題)」がワールドプレミア上映。また、カズオ・イシグロ原作のNHKドラマ「浮世の画家」に主演した渡辺謙、「PROJECT BLUE BOOK(原題)」のウィリアム・シャトナーも来場した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >