2019/10/17 20:00

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019受賞結果発表! 8時間超えのワン・ビン新作に栄冠

登壇した受賞者
登壇した受賞者

 [映画.com ニュース]10月10日から山形市で開催されていた山形国際ドキュメンタリー映画祭2019の受賞結果が発表され、ワン・ビン監督の「死霊魂」が、インターナショナル・コンペティション部門の大賞となるロバート&フランシス・フラハティ賞に輝いた。

 1986年から隔年で開催されている山形国際ドキュメンタリー映画祭は、今年で30周年&16回目を迎え、映画祭全体で176本の作品を上映。コンペティション部門の「インターナショナル・コンペティション」「アジア千波万波」では、130の国と地域から2371本の応募があり、その中から36作品が披露された。

 「死霊魂」がとらえているのは、50年代後半に起きた中国共産党の反右派闘争で粛清され、ゴビ砂漠の中にある再教育収容所へ送られた人々の姿。生き抜いた人々が語る壮絶な体験と、収容所跡に散乱する人骨の映像――ワン・ビン監督は「無言歌」「鳳鳴(フォンミン) 中国の記憶」で描き続けたテーマを追い続け、8時間を超える証言集にまとめあげてみせた。10月16日に行われた表彰式では「『人間の本質』に分け入って行く稀有な叙事詩である。映画の本質に分け入って行く稀有な叙事詩である。存在はもっとも強力な証拠である。映画が歴史を呼び覚ます」という言葉がおくられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >