楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/18 14:30

「IT イット THE END」怖がらせるより難しかったことは? 監督が明かす

(左から)アンディ・ムスキエティ監督、バルバラ・ムスキエティ (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(左から)アンディ・ムスキエティ監督、バルバラ・ムスキエティ (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース]大ヒットホラーの完結編「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」のメガホンをとったアンディ・ムスキエティ監督と、姉でプロデューサーのバルバラ・ムスキエティが本作の撮影を振り返り、原作者のスティーブン・キングの反応や、こだわった点などを語った。

 前作「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」から27年後を舞台に、ビル(ジェームズ・マカボイ)、ベバリー(ジェシカ・チャステイン)ら大人になった“ルーザーズ・クラブ”の面々が、再びペニーワイズと対峙するさまを描く。

 完結編の製作は、前作が公開されるまで決まっていなかったそうで、バルバラは「前作が公開された日、スタジオが私たちに電話をしてきて、『あなたたちは2作目をやるんだ』と言ったのよ」と当時の様子を伝える。ムスキエティ監督は、原作者のキングにも完結編の脚本を読んでもらったことを明かし、「彼にもっと関わってほしかったんだ。前作の時は完全に僕らに任せてくれたからね。完結編では彼からのフィードバックがほしくて、僕らは脚本のドラフトを送ったんだ」と述懐する。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >