2019/10/18 19:45

「楽園」で居場所を求める青年を演じた綾野剛が熱弁 「人は人に見つめられて初めて存在する」

吉田修一氏の著作「犯罪小説集」をもとに映画化
吉田修一氏の著作「犯罪小説集」をもとに映画化

 [映画.com ニュース]「悪人」「怒り」などで知られる吉田修一氏の著作「犯罪小説集」をもとに映画化した「楽園」が10月18日、全国297館で公開を迎えた。主演の綾野剛をはじめ、共演した杉咲花、佐藤浩市、村上虹郎、メガホンをとった瀬々敬久監督、劇中曲を手掛けたオランダの作曲家ユップ・ベビンが、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に登壇した。

 ある夏の日、青田に囲まれたY字路で少女失踪事件が起こった。未解決のまま12年の月日が経ち、事件直前まで被害者と一緒にいた親友・湯川紡(杉咲)は事件を引きずっていた。そして再び少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす中村豪士(綾野)が容疑者として浮上する。一方、Y字路に続く集落では、養蜂家・田中善次郎(佐藤)が村おこし計画のこじれから、村八分状態にされてしまう。孤立した善次郎は次第に正気を失い、想像を絶する凄惨な事件へと駆り立てられていく。

 イベント冒頭では、来日したベビンが劇中曲「愛華」をピアノで生演奏し、静かな調べが会場を包みこむ。杉咲は曲を聞いて撮影当時のことを思い出したようで、「本当に苦しかったので、その日々が走馬灯のようによみがえってきて……自分にとってはトラウマのような時間でもあって」と語る。綾野が「僕たち、トラウマを作ってしまいました……」と悲しげに呟くと、杉咲は「違いますよ!」と慌てて否定。しかし、撮影中はある大きな設定変更やシーン追加にパニック状態になっていたことにも触れ、「今思うとあのシーンは、私をパニックに陥れるための瀬々さんの作戦だったのかな」と、しみじみ振り返っていた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >