楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/25 08:00

サム・メンデス監督「1917」20年2月公開!“ワンショット撮影”の裏側を明かす映像も

“究極の没入感”を追求 (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
“究極の没入感”を追求 (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース]サム・メンデス監督(「アメリカン・ビューティー」「007 スペクター」)の最新作「1917(原題)」が、2020年2月に日本公開されることが決定。あわせて、驚がくの撮影手法にフォーカスを当てたフィーチャレット映像がお披露目された。

 本作は、第一次世界大戦下の“若きイギリス兵のある1日”を描いた作品。若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクが、進軍する仲間と兄弟が所属する1600人の友軍兵士たちに「作戦中止」の重要な伝令するべく、危険が待ち受ける敵の陣地を抜けようとする。「マローボーン家の掟」のジョージ・マッケイ、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのディーン=チャールズ・チャップマンのほか、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派俳優が結集している。

 映像では、兵士たちの動き、それぞれの息遣いを観客に体感させる“究極の没入感”を生み出した撮影の裏側を活写。メンデス監督は「当初から本作はリアルタイムで語るべきだと考えていた」という意識から長回し撮影を選択したが、「撮影には編集という“魔法の切り札”がある。『この辺をカットしよう』とか『あのシーンをなくそう』とかね。本作ではそれができない。カメラや機材の動きが、演技と同期していなくてはならない」と告白。しかし「呼吸が合った瞬間は美しく、爽快だよ」と実感したようだ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >