2019/10/25 14:00

キューブリックとなぜコンタクトできたのか? 矢追純一、奇跡のインタビューを述懐

矢追純一氏と内山一樹氏
矢追純一氏と内山一樹氏

 [映画.com ニュース] 没後20年を迎えたスタンリー・キューブリック監督の実像を明かすドキュメンタリー「キューブリックに魅せられた男」の試写会が10月24日、都内で行われ、テレビディレクターの矢追純一氏と、映画研究者の内山一樹氏がトークを繰り広げた。

 「キューブリックに魅せられた男」は、「バリー・リンドン」の出演をきっかけに、キューブリック監督に絶対的な忠誠を誓った若き俳優レオン・ビタリにスポットを当てた内容。個人的なアシスタントとなったビタリが過ごすことになったのは、無限ともいえるキューブリック監督の雑事を“24時間365日体制”でこなすハードな日々。その光景を、多彩な映画人たちの証言とともに映し出す。

 ひと足早く作品を鑑賞した矢追氏は、「なかなかの力作ですね。あそこまでキューブリックに執着するとは……感心しました」と絶賛。51年前、テアトル東京のシネラマで「2001年宇宙の旅」を鑑賞して以来、キューブリックファンの道を突き進んできた内山氏は「(ビタリに与えられる仕事量は)ブラック企業顔負けのもの(笑)。自ら進んでやっているんですけど、キューブリックのような人に心酔してしまうのは大変」と舌を巻いていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >