楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/26 11:00

ジェームズ・ガン、原点回帰のホラーを「気に入った」 プロデュース作に“ファミリー”集結

スーパーパワーを持った子どもが 反抗期を迎えて… (C)The H Collective
スーパーパワーを持った子どもが 反抗期を迎えて… (C)The H Collective

 [映画.com ニュース] 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が製作を務めた「ブライトバーン 恐怖の拡散者」が、11月15日から全国公開される。ガン監督の弟であるブライアン・ガンと、いとこのマーク・ガンが脚本を担当しており、まさに“ファミリー集結”といえる本作について、ガン監督が語った。

 「インバージョン 転移」のデビッド・ヤロベスキーがメガホンをとった本作。母親になる夢を抱いているものの、なかなか子どもができずに悩んでいたトーリ(エリザベス・バンクス)のもとに、ある時、謎めいた赤ちゃんがやってくる。赤ちゃんはブランドンと名づけられ、聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子どもへと成長。トーリと夫カイル(デビッド・デンマン)にとっても、かけがえのない存在になっていく。しかし、12歳になったブランドンは異常な力を発揮し始め、カンザス州ブライトバーンを恐怖に陥れていく。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >