楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/27 11:00

スコセッシ監督やコッポラ監督のマーベル映画批判にディズニー会長が反論

 さらに、アイガーCEOは映画業界は比較的薄利なビジネスであると説明。スーパーヒーロー映画が成功したことにより、観客が望むプロダクトを安定供給できるようになり、劇場側もそのメリットを享受しているため、これらの作品が映画業界をダメにしているという批判は的外れであるとの見解を示した。「そもそも彼らが私たちの何を批判しようとしているのか理解出来ない。我々は観客が喜んでくれる映画を作っているだけなのに」。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >