2019/10/28 10:00

ブライアン・デ・パルマ監督が約8年ぶりに放つ新作 国際テロ描くサスペンスアクション、20年2月公開

邦題は「ドミノ 復讐の咆哮」に決定 (C)2019 Schonne Film IVS
邦題は「ドミノ 復讐の咆哮」に決定 (C)2019 Schonne Film IVS

 [映画.com ニュース] 巨匠ブライアン・デ・パルマが手掛けるサスペンスアクション「ドミノ(原題)」が「ドミノ 復讐の咆哮」の邦題で、2020年2月14日に公開されることがわかった。パルマ監督の日本公開作品としては「パッション」(2012)以来の約8年ぶりとなる新作に、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドーとカリス・ファン・ハウテン、「エイリアン コヴェナント」のガイ・ピアースが顔をそろえた。

 デンマークとアルメニアを舞台に、米CIAやISIS(イスラム国家の樹立を掲げ、イラクやシリアで活動するスンニ派の武装勢力)を巻き込んだ国際テロの陰謀に立ち向かう、2人の刑事の姿を描く。「アンタッチャブル」「ミッション:インポッシブル」のパルマ監督がメガホンをとり、コスター=ワルドーが主人公の刑事クリスチャン、ハウテンがクリスチャンの相棒アレックス、ピアースがCIAの謎の男ジョーを演じた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >