楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/28 20:50

東京国際映画祭審査委員長のチャン・ツィイー、映画が「良い胎児教育に」

 続いて山田監督が、第1作の公開から今年で50年を迎える国民的映画シリーズ「男はつらいよ」最新作の豪華キャスト陣とともに登場すると、会場は熱気に包まれた。山田監督は、「こんなに華やかなフェスティバルになるとは思っていなくて、びっくりしました。(レッドカーペットを歩いて)かなり疲れました」と笑いを誘う。倍賞は「どこかでお兄ちゃん(寅さんを演じた渥美清さん)が見てるのかな……。50年かかって、長い長い『男はつらいよ』という映画を撮り終えて、よくここまで私も生きてこられたなと嬉しく思っています」と亡き渥美さんに思いを馳せながら、シリーズの歩みを振り返っていた。

 中国を代表する国際派女優チャン・ツィイーは、「氷の季節」が昨年の審査員特別賞に輝いたマイケル・ノアー監督、廣木隆一監督ら審査員とともにステージへ。中国語と英語を交え、審査委員長として、「この場に立てること、大変光栄に思います。長年に渡りまして、この世界的にも有名な映画祭は、映画を愛する方たちに新作をたくさん配信してきました。映画祭事務局に信頼を頂けたことを、感謝しています」と挨拶。さらに、「私たち審査員一同、(コンペティション部門の)14本の映画を見るわけですが、私のおなかの中には(妊娠)30週の赤ちゃんがいますので、非常に良い胎児教育になるのではないかと思っております」とにこやかに締めくくった。

 そのほか、萩生田光一文部科学大臣、竹本直一クールジャパン戦略担当大臣、審査員を務めるビル・ガーバー、ジュリー・ガイエも登壇した。第32回東京国際映画祭は、11月5日まで六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷などで開催。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >