楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/29 22:05

フィリピンのベルナード監督、東欧ロケ&初の心理スリラーに挑戦「復讐と愛、内なる悪魔について語った」

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」に出品されたフィリピン映画「それぞれの記憶」が10月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したシーグリッド・アーンドレア P・ベルナード監督と撮影監督のボーイ・イニゲス氏が観客とのQ&Aに応じた。

 東欧ジョージアを舞台に描いたスリラー。ジョージアのレストランで働くフィリピン移民のマーラは、同じくフィリピン人のホアキムと出会い、惹かれ合っていく。しかし、ホアキムが幻聴に襲われ奇妙な女性の姿を幻視するようになり、2人の運命は狂い始める。

 ベルナード監督は、「これまでの4作品はラブストーリーを撮っていましたが、5本目は私の最初の心理スリラーです。最近精神の病を抱えている人たちが増えています、そういった話題とこのような話をあわせたら興味深いと思ったのです。この映画では復讐と愛、人間の心の内なる悪魔について語っています」と最新作のテーマを解説。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >