楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/30 05:00

有村架純&菅田将暉、坂元裕二ワールドへ! 映画「花束みたいな恋をした」製作決定

有村と菅田を主役に想定しながら、 オリジナル脚本が執筆された (C)2020『花束みたいな恋をした』製作委員会 (C)ヤン・ブース(whiteSTOUT)
有村と菅田を主役に想定しながら、 オリジナル脚本が執筆された (C)2020『花束みたいな恋をした』製作委員会 (C)ヤン・ブース(whiteSTOUT)

 [映画.com ニュース] 有村架純と菅田将暉が、初のダブル主演を飾る映画「花束みたいな恋をした」の製作が決定。「映画 ビリギャル」「罪の声」(2020年公開)の土井裕泰監督がメガホンをとり、脚本家・坂元裕二がオリジナル脚本を執筆していることがわかった。

 恋愛ドラマの代名詞となった「東京ラブストーリー」で一躍その名を知らしめ、「Mother」「最高の離婚」「Woman」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「カルテット」「anone」を発表してきた坂元。執筆段階から有村と菅田を主役に想定していた「花束みたいな恋をした」は、現在の“東京”を舞台に、2000年代を生きる若者たちへ向けたラブストーリーとなった。坂元が恋愛映画を手掛けるのは「世界の中心で、愛をさけぶ」(共同脚本)以来であり、オリジナル作品としては初めてのことだ。

 物語は、東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃した男女が、偶然出会った“その夜”から始まる。時代、時間、場所、全ての偶然が運命のようにシンクロしてゆくひとつの恋の5年間の行方、子どもでも大人でもない時期を迷いながら歩んでいく2人のリアルな姿が映し出されていく。坂元は「憧れでもなく、懐かしむのでもなく、今を生きる人のための、今のラブストーリーを作りたいという思いでいます。22歳で出会った2人の恋の5年間に嘘が混ざらないようにと、ただただ真っ直ぐに映し出しました。それこそが何よりせつなくもあり、コミカルでもあり、美しく、心を震わせてくれるものと信じています。主人公2人がただ恋をするだけの映画です。お楽しみに」と述べている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >