楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/30 11:00

「パイレーツ・オブ・カリビアン」リブート企画が再始動 「チェルノブイリ」脚本家が参加

ジェリー・ブラッカイマーは再び プロデューサーとして復帰予定 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ジェリー・ブラッカイマーは再び プロデューサーとして復帰予定 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ最新作に、エミー賞受賞ドラマ「チェルノブイリ」クリエイターのクレイグ・メイジンと、「パイレーツ」シリーズ第4作までの共同脚本を務めたテッド・エリオットを起用した。

 ディズニーは昨秋から「パイレーツ」リブート企画を準備してきたが、今年初めに「デッドプール」シリーズの人気脚本家コンビ、ポール・ワーニック&レット・リースが企画から離脱していた。米Deadlineによれば、メイジンとエリオットが新たにシリーズ第6作の脚本を手がけるという。

 ジョニー・デップ扮する孤高の海賊ジャック・スパロウの冒険を描く「パイレーツ」シリーズは、2003年の第1作「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」に始まるシリーズ5作の世界累計興行収入が45億ドル超という驚異的なヒットを記録。史上最も成功したアクションアドベンチャー映画シリーズのひとつとして知られている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >