楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/30 13:00

フィリピン、ラオスの女性監督がホラー映画、各国の女性監督の立場など赤裸々トーク

(左から)シーグリッド・アーンドレアP・ベルナード監督、アントワネット・ハダオネ監督、マティー・ドー監督
(左から)シーグリッド・アーンドレアP・ベルナード監督、アントワネット・ハダオネ監督、マティー・ドー監督

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」の企画で、「ホラー女子会の秘かな愉しみ」と題したシンポジウムが開催され、フィリピンのアントワネット・ハダオネ監督とシーグリッド・アーンドレア P・ベルナード監督、ラオスのマティー・ドー監督がアジアのホラー映画について意見交換した。

 「ホラーが大好き」というドー監督は、「ホラー映画は非常に広がりがあるもの。テーマを拡大解釈し、別な風景を見せられ、ドラマやドキュメンタリーだと説教くさくなるものがジャンル映画の形だと伝えやすくなるのです」とその理由を語り、影響された監督としてギレルモ・デル・トロ、ダーレン・アロノフスキー、エドガー・ライトらの名を挙げる。

 数多くのホラー映画に出演した端役女優のモキュメンタリー「リリア・カンタペイ、神出鬼没」を本映画祭で上映したハダオネ監督。ホラー映画そのものはそれほど得意ではないそうだが、「日本の『リング』は心に残っています。私の作品に出てくるリリアはフィリピンのホラークイーンです。フィリピンのホラー映画は、怖くて面白い作品が人気があります」と話す。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >