2019/10/30 23:00

齊藤工、初のホラー監督作上映に感慨無量 台風19号で被災したロケ地に思い寄せる

齊藤工が監督として初のホラー作品に挑戦
齊藤工が監督として初のホラー作品に挑戦

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で、エリック・クーが製作総指揮をとったHBOアジア製作のオムニバスホラー「フォークロア・シリーズ」の2作品が10月30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、日本編「TATAMI」の齊藤工監督、北村一輝とインドネシア編「母の愛」のジョコ・アンワル監督が観客とのQ&Aに応じた。

 「フォークロア」は、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、 タイの6か国を舞台にしたホラーアンソロジー。日本編は齊藤が監督として初のホラー作品に挑戦。父の葬儀に帰郷した男が、家族の秘められた過去を知る…という物語。

 齊藤監督は「20年前にこの業界に入り、北村さんの撮影現場を見学したのが最初でした。北村さんを主演として映画を作り、この場に来られ、またジョコ・アンワルさんと並べることを誇りに思います」と感無量の面持ちで挨拶。そして、俳優としての主演作「家族のレシピ」のエリック・クー監督から声をかけられ、「アジア予選のようなつくりに興味を持った。フォークロアということでメイドインジャパンの伝承として、畳を思いついた」と製作のきっかけとモチーフについて明かした。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >