楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/31 19:00

米プロデューサーが手掛けた英語のインドネシア映画 コロンピス監督「メッセージが伝われば言語は関係ない」

ランディ・コロンピス監督(右)と、 俳優のオカ・アンタラ
ランディ・コロンピス監督(右)と、 俳優のオカ・アンタラ

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で、インドネシア映画「フォックストロット・シックス」が10月31日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、ランディ・コロンピス監督と、俳優のオカ・アンタラが観客とのQ&Aに応じた。

 近未来のインドネシアを舞台にしたSF大作。食糧不足で人類の危機が迫るなか、元海兵隊員で国会議員に転身したアンガは仲間とともに敵に挑む。「ザ・レイド GOKUDO」のアンタラらスター俳優が出演。「ランボー」「ターミネーター」「氷の微笑」シリーズを手掛けたマリオ・カサールがエグゼクティブプロデューサーを務める。

 米国で映像製作を学び、短編映画やCMを手掛けてきたコロンピス監督の長編デビュー作。「プレッシャーは大きかったですが、映画を作るということはどんな作品でも難しいもの。予算やサイズは関係ありません。アイデアは8年前に思いつき、きちんと作って皆さんに楽しんで欲しいという思いだけで作った作品です。こういう機会を得て、さまざまな方々からサポートしていただけて非常にラッキーでした」と日本でのお披露目を喜ぶ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >