楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/31 19:28

壮絶な女のバトルをブラックなユーモアで描いた天野監督「私なりの反戦映画」

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された「ミセス・ノイズィ」が10月31日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、天野千尋監督と主演の篠原ゆき子、大高洋子、長尾卓磨、宮崎太一らキャストが舞台挨拶に立った。また、上映後には天野監督と脚本の松枝佳紀が観客とのQ&Aに応じた。

 「この映画を一言でいうなら、女ふたりの喧嘩が泥沼化していくというお話。二人の仁義なき戦いをご覧いただけたらと思います」。天野監督は、舞台挨拶でこう切り出した。「この映画を作ってきた3年間、私は戦いについて考え続けてきました。人の正しい態度とはなんだろうと。喧嘩というのは、やっている本人たちは生々しい感情をぶつけて、悲劇が起こったり、人の人生を狂わせたりすると思うけれど、この映画の中でも、周りの人がふたりに振り回されていくところを描いている。でも客観的にみると、人の喧嘩ってエンタメ性もあるというか、楽しめちゃうものでもある。そういう要素もこの映画の中にはあるのですが、皆さんにもなぜ人が喧嘩してしまうのか、この映画を見て考えてもらえたらなと思います」。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >