楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/01 15:00

ラオス初の女性監督が来日「私の見たラオススタイルをスクリーンに映し出したい」

マティ・ドー監督(中央)
マティ・ドー監督(中央)

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で、「永遠の散歩」が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、マティー・ドー監督が観客とのQ&Aに応じた。

 ラオス初の女性監督として活躍するドー監督。ラオスの映画やテレビ業界の現状について問われると「業界としてはたくさん作っているとは言えません。ラオス映画として知られている『レッド・ロータス』(1988)という作品の監督は今はパン屋さんになっています。しかし、1990年代後半から2000年代になり、状況は変わってきました。私のプロデューサーがロマンティックコメディを作って大成功しました。そしてシネコンもできました。しかし、政権が変わってからこれまで作られた映画は22~3本ではないでしょうか。といわけで、ラオス映画界は初めてづくし。初めてのSF、初めてのホラー、そして私は初めての女性監督です」と説明する。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >