2019/11/01 18:00

フィリピンのヒットメーカー、マッティ監督「ホラーは社会問題を描くのに適している」

エリック・マッティ監督(右)と 俳優のケント・ゴンザレス
エリック・マッティ監督(右)と 俳優のケント・ゴンザレス

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で、フィリピン映画「存在するもの」が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、エリック・マッティ監督と俳優のケント・ゴンザレスが観客とのQ&Aに応じた。

 1985年、夏。大学生のルイスは、双子の妹マヌエラが急死したとの報せを受けて帰省する。実家では、厳格な父アルトゥーロと優しい母レベッカが彼を迎える。その夜からマヌエラの呪いに襲われるようになったルイスは、妹の死に疑問を抱き、真相を探り始める。

 「牢獄処刑人」などフィリピンのヒットメーカーとして知られるマッティ監督が挑んだ家族ホラー。これまでさまざまなジャンルの作品を発表しているが、「ホラーは、現在社会で問題になっているトピックを描くのに適しています。社会の闇や人間の本質をエンタテインメントに交えて伝えることができます」と語る。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >