楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/01 21:00

ギャスパー・ノエ、新作「CLIMAX」は「アルコールの恐ろしさを啓蒙するための映画」

問題作を作り続けるギャスパー・ノエ監督
問題作を作り続けるギャスパー・ノエ監督

 [映画.com ニュース]暴力、大胆な性描写…その過激な作風で、物議を醸すギャスパー・ノエの新作「CLIMAX クライマックス」が公開された。何者かによってドラッグが混入された酒により、酩酊した若者たちの阿鼻叫喚の一夜を、エレクトロ音楽の名曲に乗せ、一流ダンサーたちのパフォーマンスとともに見る者に“体感”させる、危険なパーティ映画だ。第71回カンヌ国際映画祭監督週間で賛否両論を巻き起こし、芸術映画賞に輝いた。約3年ぶりに来日したノエ監督に話を聞いた。

 思わず目を背けたくなるような映像を次々に生み出す鬼才の語り口は驚くほど穏やか。日本ではR18+指定ではあるが、「思春期の子供たち向けの映画です(笑)。あらかじめ彼らたちに、アルコールがいかに恐ろしいかを啓蒙するための映画なのです」と開口一番“大真面目”に語る。

 数年前に知り合ったモダンダンサーたちのパフォーマンスに魅了され、「ダンサーによるダンスをメインにした映画をつくりたかった」と今作製作のきっかけを明かす。総勢28名の出演者のうち、主演のソフィア・ブテラら5名以外は各地で見出したプロダンサーを起用した。物語は実際の事件を基に、ノエ監督が大きく脚色し、演技経験のないダンサーたちによる即興の会話劇と、その身体能力をフルに活かした目くるめく狂乱を実験的な手法を用いて映像化した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >