2019/11/01 22:45

大林宣彦監督「これから3000年生きる」と力強くアピール 東京国際映画祭の特別功労賞に輝く

東京国際映画祭の特別功労賞を受賞した大林宣彦監督
東京国際映画祭の特別功労賞を受賞した大林宣彦監督

 [映画.com ニュース]大林宣彦監督が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた最新作「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」上映後の舞台挨拶に出席した。開催中の第32回東京国際映画祭「Japan Now」の特集「映像の魔術師 大林宣彦」での公式上映。今年、同映画祭の特別功労賞を受賞し、チェアマンの安藤裕康氏からトロフィーが授与された。

 大林監督はトロフィーを手にし「貴重な功労賞というものをいただきました。すごいね、これが功労賞。重いですよ」と誇らしげ。「やっていないことの方がいっぱいあるんだから、やらないことをやれば、星の数ほど面白いことができる。だから、これから3000年は生きますよ」と力強くアピールすると、会場は大きな拍手に包まれた。

 この日披露された最新作「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」は、今夜限りで閉館する尾道の映画館を舞台に、最終のオールナイト上映に駆けつけた若者3人が、“戦争映画”の世界にタイムリープするという、大林節全開のファンタジーだ。「ある方が前作の『花筐 HANAGATAMI』がさよならホームランで、今回は場外ホームランだって言ってくれて。とにかく仰天してください。仰天することが何よりも映画の魅力ですから」と呼びかけた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >