2019/11/02 14:10

細野晴臣、自身のドキュメンタリーに自嘲「目をつぶって音を聴いたら、よくできている」

細野晴臣と佐渡岳利監督
細野晴臣と佐渡岳利監督

 [映画.com ニュース] ミュージシャンの細野晴臣が11月2日、デビュー50周年を記念した自身のドキュメンタリー映画「NO SMOKING」の公開記念舞台挨拶を東京・シネスイッチ銀座で行った。

 伝説のバンド「はっぴいえんど」やテクノユニット「YMO」など音楽で時代を切り開いてきただけではなく、「万引き家族」や「ある船頭の話」など映画音楽でも実績を築いてきた細野。映画はその活動を凝縮した形だが、「お恥ずかしい。自分が出ている映画は見たくない。目をつぶって音を聴いていたら、うまくできているなと思った」と照れることしきりだ。

 エンディングで流れる楽曲「NO SMOKING」も、佐渡岳利監督に依頼されて書下ろしたが「ありものでいいんじゃないかと言ったんですけれどね。ギリギリでバタバタで作ったんですよ」と謙そん。対する佐渡監督は、「エンドロールは、映画をじんわりとかみしめる時間。やったーという感じでした」と喜びを爆発させた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >